B Conditioning

【ランニングで膝が痛い】ランナー膝ってなんだ?|札幌桑園パーソナルトレーニングジム

  • facebook
  • line
  • instagram
  • youtube
お問い合わせ 無料体験のお申込み

【ランニングで膝が痛い】ランナー膝ってなんだ?|札幌桑園パーソナルトレーニングジム

【ランニングで膝が痛い】ランナー膝ってなんだ?|札幌桑園パーソナルトレーニングジム

2022/12/08

【ランニングで膝が痛い】ランナー膝ってなんだ?|札幌桑園パーソナルトレーニングジム

札幌桑園パーソナルトレーニングジムB Conditioning(ビーコンディショニング)の谷口です。

パーソナルトレーナーをしたり、パーソナルジムを経営したり、専門学校の講師として活動しています。
今回は、ランニングで膝が痛くなる原因の一つ【ランナー膝】についてご紹介します。

  1. ランナー膝と筋肉
  2. 原因
  3. まとめ

1.ランナー膝と筋肉

サブタイトル

○ランナー膝
腸脛靭帯で起こる炎症。正式名称は腸脛靭帯炎
・階段やランニングなど膝を屈伸した時、衝撃を受けた時に外側で痛みを感じやすい
・ランニングフォームの乱れや走りすぎ(オーバーワーク)などが原因で起こる

○筋肉
ランナー膝に関係する筋肉などをご紹介します
・大腿筋膜張筋(腸脛靭帯)
・中殿筋
・股関節内転筋群
・腰方形筋

これらの股関節周りの筋肉や組織のイメージが重要です

2.原因

走りすぎ(オーバーワーク)やフォームの乱れによって、大腿筋膜張筋・腸脛靭帯の弾力が低下し膝の外側の骨が摩擦を起こし、炎症を引き起こす事で痛みが出る。
今回は代表的なフォームの乱れをご紹介します。

○トレンデレンブルグ
片脚立ちの時に骨盤が横に移動しながら、歩いたり走ったりするフォーム

後ろから見るとお尻を横に振りながら走るフォーム
【お尻が横に振られる→股関節の外側にある大腿筋膜張筋の緊張が高まる→弾力性が低下し摩擦が起き炎症・痛み】
というメカニズムです

この、フォームが起きる原因として
・間違った認識や癖
・もう一つの股関節の外側の筋肉である中殿筋の機能が低下
・太ももの内側にある股関節内転筋群の短縮

が考えられます

最後に改善に向けたポイントを説明します
 

動作分析臨床活用講座 バイオメカニクスに基づく臨床推論の実践/石井慎一郎【3000円以上送料無料】

価格:6,160円
(2022/12/8 23:32時点)
感想(7件)

ヤンダアプローチ マッスルインバランスに対する評価と治療 [ ピル・ページ ]

価格:5,280円
(2022/12/8 23:31時点)
感想(1件)

3.ポイント

・腸脛靭帯炎(ランナー膝)はフォームの乱れや走りすぎで膝の外側に痛みがでる
・腸脛靭帯の弾力性が低下
・間違った癖や認識
・中殿筋の機能低下、内転筋群の短縮

が大きく関わっています。

今後
・痛みをコントロールするケア
・機能が低下した筋肉の活性化
・立った姿勢での動きのコントロール
・強化


をポイントにエクササイズをご紹介します。
 

札幌桑園パーソナルトレーニングジムB Conditionningは
おばちゃんからアスリートまで初心者でも通いやすいパーソナルトレーニングジムです。
痛みがある・運動不足・ダイエット・健康増進・パフォーマンスアップなどトレーニング・ボディケアと幅広くサポートしています。
カウンセリング・体験トレーニングは無料で受け付けています。お気軽にご連絡ください
札幌桑園パーソナルトレーニングジムB Conditioningホームページ

----------------------------------------------------------------------
B Conditioning
〒060-0006
住所 : 北海道札幌市中央区北六条西17-11-4
電話番号 : 080-1874-2529


札幌市でバランスの良い姿勢に

札幌市でアスリートサポートも

札幌市の初心者歓迎のジムを開業

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。