B Conditioning

活性酸素ってなんだ?

  • facebook
  • line
  • instagram
  • youtube
お問い合わせ 無料体験のお申込み

活性酸素ってなんだ?

活性酸素ってなんだ?

2022/07/19

活性酸素ってなんだ?

札幌市桑園パーソナルトレーニングジムB COnditioningの谷口です。 「活性酸素?」 「活性酸素は老化させる」 「活性酸素を増やさない栄養は?」 様々な疑問があると思いますがそんな疑問を解消します。

活性酸素

活性酸素
→その名の通り、呼吸で体内に取り込まれた酸素の一部が通常よりも活性化された状態になること
○過剰な活性酸素は細胞を酸化させ老化や生活習慣病の原因になる
○白血球から産生される活性酸素は体内の免疫機能や感染防御の重要な役割

悪いイメージのある、活性酸素ですが免疫機能を保つためにも重要な働きをしています。
また、人は体の中に活性酸素を分解したり発生を抑える機能抗酸化機能が備わっています。
【活性酸素の産生】が【抗酸化機能】を上回る状態を
<酸化ストレス
と呼ばれています

問題は【増えすぎた活性酸素】です
 

活性酸素の発生

活性酸素は

○紫外線
○大気汚染
○ストレス
○たばこ
○多量の飲酒
○激しい運動
○酸化した食品・食品添加物


によって産生されるとしています。

抗酸化機能

抗酸化機能・抗酸化力
→活性酸素による酸化を抑え、細胞を錆びつかせない機能。酵素やアミノ酸、ビタミン、ミネラルといった栄養素が活性酸素の分解や発生を阻止する働きをする

抗酸化酵素
○スーパーオキシドジスタムーゼ(SOD)
○グルタチオンペルオキシターゼ(GSH)
○カタラーゼ

代表的な酵素です。
体内の中で合成されています。しかし、加齢とともに作り出す力が衰えていきます

抗酸化物質
○ビタミンC
○ビタミンE
○ビタミンA(βカロテン)
○グルタチオン(アミノ酸)
○フラボノイド
○銅
○亜鉛

これらの栄養は
緑黄色野菜
果物
豆類
ナッツ類
魚介類

に多く含まれています

活性酸素の影響

生活習慣や抗酸化機能の低下により抗酸化ストレスを受け続けると体内で活性酸素が増えてきます。
活性酸素が増えると、細胞を酸化させカラダに悪影響を与えるといわれています

○しわやシミなどの皮膚の変性
○パーキンソン病・アルツハイマー病などの脳神経系の病気
○がん
○高血圧や糖尿病(糖尿病合併疾患)などの生活習慣病
に影響を及ぼします

まとめ

活性酸素
○呼吸で体内に取り込まれた酸素の一部が通常よりも活性化された状態になること
○増えすぎると病気や老化の原因に

抗酸化機能・抗酸化力
→活性酸素による酸化を抑え、細胞を錆びつかせない機能。酵素やアミノ酸、ビタミン、ミネラルといった栄養素が活性酸素の分解や発生を阻止する働きをする


加齢や生活習慣によって【抗酸化ストレス】を受け活性酸素が増え続けるとカラダが酸化され病気や老化を早める原因になってしまします。


ポイントは基本的なことですが

栄養
○食材かたの補給と5大栄養素をバランスよく摂取

運動
○適度な運動はカラダとココロをリセットし活力をくれます

休養
○睡眠や趣味はストレスを和らげます

健康の3本柱を意識してコンディションを整えましょう

----------------------------------------------------------------------
B Conditioning
〒060-0006
住所 : 北海道札幌市中央区北六条西17-11-4
電話番号 : 080-1874-2529


札幌市の初心者歓迎のジムを開業

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。