B Conditioning

ファンクショナルトレーニング~キネティックチェーン2~

  • facebook
  • line
  • instagram
  • youtube
お問い合わせ 無料体験のお申込み

ファンクショナルトレーニング~キネティックチェーン2~

ファンクショナルトレーニング~キネティックチェーン2~

2019/12/28

札幌パーソナルトレーニングジムB Conditioningの谷口です。
ファンクショナルトレーニングの考え方をご紹介するブログ第4弾もキネティックチェーンです。
キネティックチェーン→動作は一つの筋だけではなく、多くの筋が連動して起きています。
今回は歩行とランニングの片脚着地についてです。

目次

歩行の着地のキネティックチェーン

左写真
歩行の着地で筋肉が連動してバランスよく着地しております。

右写真
筋の運動連鎖が崩れ姿勢が崩れています

なぜこの様な姿勢になってしまうのでしょうか?
・アナトミートレインの筋膜の考え方
・NASMという団体のフォースカップルの考え方
の2つの軸にご説明します。

アナトミートレイン~筋膜~

アナトミートレイン
→筋膜で筋肉と筋肉が強く結びつき連動する部位です。

脊柱起立筋(背中の筋肉)ハムストリングス(太腿の裏の筋肉)下腿三頭筋(ふくらはぎ)
足底筋(足裏の筋肉)の筋の結びつきが強く連動しています。

深垂直サブシステム

フォースカップル
→NASMという団体の考え方に動作の際に連動している筋の考え方です。

仙結節靭帯(骨盤とお尻の骨をつなぐ靭帯)大腿二頭筋(太腿の裏側の筋肉)長腓骨筋(脛の外側の筋肉)前脛骨筋(脛の横の筋肉)
が連動して着地姿勢をコントロールしています。

実際にこれらを改善するエクササイズ例をご紹介します。

ルーマニアンデッドリフト

目的
・着地のバランス向上に関わる脊柱起立筋(背中の筋肉)大殿筋(お尻の筋肉)ハムストリングス(太腿の裏側の筋肉)の連動と強化
・正しい姿勢での股関節動作の習得など

方法
1、腰幅から肩幅程度に足をひらき肩幅くらいでバーを握ります。肩甲骨をしめまっすぐな姿勢で立ちます。
2、息を吸いながらお尻を後ろに引き、頭からお尻までを一直線に保ったまま上半身を前に傾けます。
3、息を吐きながら元の姿勢に戻ります。
※肩が前に引っ張られないように肩甲骨周りを緊張させる。背中が丸まらないようにお腹と腰を緊張させる。

スプリットルーマニアンデッドリフト

目的
・片脚着地のバランス向上に関わる脊柱起立筋(背中の筋肉)大殿筋(お尻の筋肉)ハムストリングス(太腿の裏側の筋肉)の連動と強化
・正しい姿勢での股関節動作の習得など

方法
1、足を靴一足分程度前後にひらき、後ろの踵は浮かせます。肩甲骨をしめまっすぐな姿勢で立ちます。
2、前脚に重心をのせ姿勢をキープしたまま、息を吸いながら上半身を前に傾けます。
3、息を吐きながら元の姿勢に戻ります。
※肩が前に引っ張られないように肩甲骨周りを緊張させる。背中が丸まらないようにお腹と腰を緊張させる。

まとめ

今回は片脚着地のキネティックチェーン(運動連鎖)についてご紹介しました。
・片脚着地の場合は脊柱起立筋(背中の筋肉)ハムストリングス(太腿の裏側の筋肉)下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)または仙結節靭帯(骨盤とお尻の骨をつなぐ靭帯)大腿二頭筋(太腿の裏側の筋肉)腓骨筋(脛の外側の筋肉)前脛骨筋(脛の横の筋肉)の筋を連動させることでバランスが向上する

トレーニングの参考になれば嬉しいです!

----------------------------------------------------------------------
B Conditioning
〒060-0006
住所 : 北海道札幌市中央区北六条西17-11-4
電話番号 : 080-1874-2529


札幌市でバランスの良い姿勢に

札幌市でアスリートサポートも

札幌市の初心者歓迎のジムを開業

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。