B Conditioning

ストロークをパワーアップ!自宅でできるテニストレーニング

  • facebook
  • line
  • instagram
  • youtube
お問い合わせ 無料体験のお申込み

ストロークをパワーアップ!自宅でできるテニストレーニング

ストロークをパワーアップ!自宅でできるテニストレーニング

2020/04/21

札幌パーソナルトレーニングジムB Conditioningの谷口です。
これまで「効率的な股関節の活用」「股関節と胸の連動」「機能的なパワー発揮」のご紹介をしました。
今回は「股関節と胸を連動させパワーを発揮する」というテーマでエクササイズをご紹介致します。

目次

より速くより強く

カラダにパワーを生み出すためには
ボールに効率よくパワーを伝えるためには

「分離と協同(joint by joint)」
→まずは関節と関節の役割を理解。
・膝を安定させ股関節を稼働させるためにお尻と内ももを活性化
・腰(腰椎)を安定させ胸(胸椎)を回旋させるために腹圧を高め腹斜筋を活性化させる
事が重要になります

「力の吸収と発揮」
→パワーを生むためには力をためる 
・ジャンプする場合には一度、股関節を使い下に沈みお尻の筋を伸ばすこと(エキセントリック収縮)で力がたまり、筋が縮むことでパワーが生まれます。
・左へ切り返しをするときには、一度右に力をためることで地面を押すことが可能となります。

大きくこの二つを意識しながらトレーニングすることによりストロークを強化に繋がります。

2つのエクササイズをご紹介致します。

トランクツイスト/ランジポジション

目的
速いスピードでの股関節と胸の回旋と下半身と腰の安定

方法
1、足を前後にひらき、つま先・膝・腰をまっすぐに保ちます。胸の前でポール(ラケット)を持ち背中の筋を活性化させ肩甲骨を寄せます。
2、勢いよく胸を捻り正面で止めます。
※勢いよく捻った時に下半身がふらつかないように安定させます
3、右と左交互に行いましょう

動作はより速く、キレよくを意識して
姿勢が崩れないように交互に10往復を目標にチャレンジしてみてください

BOX/スプリットジャンプ&ツイスト

目的
股関節での力の吸収と発揮で効率的なパワー発揮
速いスピードの中での股関節と胸の連動

方法
1、足を前後に広げ後ろ足をBOXの上にのせます。胸の前にポール(ラケット)をセットし背中を活性化させ胸を張ります
2、勢いよく沈むと同時に胸を捻ります
※股関節を使い衝撃を吸収しつま先・膝・腰をまっすぐに保ちます
3、ためた力を勢いよく捻り戻すと同時にジャンプします

姿勢とフォームを保ち、より速くより強く動作できるように
10回×3セットを目標にチャレンジしてみてください。

まとめ

効率的にパワーを発揮するためには筋肉も大切ですが
・姿勢を保持し効率的な動作を習得する
・関節の可動域を確保し、動作の時には「安定と可動」の役割を協同させる
・効率的なパワー発揮の為に動作をコントロールする
・速い動きの中で「安定させると稼働させる」連動さる
・より速くより強く

easy(簡単)→hard(難しい)
slow(ゆっくり)→fast(速く)

と段階的にエクササイズにチャレンジしてみてください。

----------------------------------------------------------------------
B Conditioning
〒060-0006
住所 : 北海道札幌市中央区北六条西17-11-4
電話番号 : 080-1874-2529


札幌市でアスリートサポートも

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。