B Conditioning

ランニングで太腿の外側が張る!改善おすすめエクササイズ③

  • facebook
  • line
  • instagram
  • youtube
お問い合わせ 無料体験のお申込み

ランニングで太腿の外側が張る!改善おすすめエクササイズ③

ランニングで太腿の外側が張る!改善おすすめエクササイズ③

2020/09/29

札幌パーソナルトレーニングジムB Conditioningの谷口です。
ご相談を受け「ランニングでの太腿の外側の張りを改善するおすすめエクササイズ」をシリーズ化してご紹介しております。「リリース」「フロアでのモスタビリティ」に続き「バランス/立位でのモスタビリティエクササイズ」をご紹介します。

目次

バランストレーニング

ランニングだけに限らず、私たちは日常生活の中で「片脚」になる場面が多くあります。
「歩く」
「階段の昇り降り」
「ランニング」
など不安定になる片脚でカラダを支えています。
この時に、写真のように姿勢(アライメント)が崩れると太腿の外側が引っ張られた状態になり「太腿の外側が張りやすい」という症状となって表れます。

これまで「リリース」「モスタビリティ」エクササイズで筋肉をほぐし動きの連動をトレーニングする解説をしましたが、実際に立ってバランスをとりながらエクササイズをしていきます。

チューブ/スタンディングヒップフレクション



目的
片脚で姿勢を保ち、ラテラルサブシステム(中殿筋、股関節内転筋群、反対側の腰方形筋)の連動でヒップスライドの改善
ランニング時の姿勢・フォーム改善

方法
1、つま先にチューブを巻き頭から踵までをまっすぐにして立ちます。胸も前で手を組み背中を活性化させ背筋を伸ばします
2、姿勢を保ったまま息を吐きながら股関節から脚をあげます
3、姿勢を保ったまま息を吸いながら股関節から脚をさげます

※足をあげた時に骨盤が横にスライド、腰がまるまらないようにコントロールします

まとめ

これまで、太腿の張りの原因の一つ「ヒップスライド」の改善の為には
「リリース」
→大腿筋膜張筋の緊張をほぐす、中殿筋と内転筋群を活性化する

「モスタビリティ(安定性と可動性の連動)」
→ラテラルサブシステム(中殿筋と内転筋群と反対側の腰方形筋)を連動

とご紹介してきました。
「バランス/立位でのモスタビリティ」
→片脚でバランスをとりまっすぐの姿勢で動作を行う

事でヒップスライドを改善します。

まずは「重り」よりも「姿勢と動作のコントロール」を重点的にトレーニングしてみてください。

----------------------------------------------------------------------
B Conditioning
〒060-0006
住所 : 北海道札幌市中央区北六条西17-11-4
電話番号 : 080-1874-2529


札幌市でバランスの良い姿勢に

札幌市でアスリートサポートも

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。