BLOG

トレーニング

サーブテニスの質をあげるおすすめエクササイズ⑥

札幌パーソナルトレーニングジムB Conditioningの谷口です。
サーブの質をあげるおすすめエクササイズをシリーズ化してご紹介しております。
今回は最終回の第6弾!ストレングスの中でもパワーに着目したエクササイズです。

おすすめエクササイズ②

おすすめエクササイズ③

おすすめエクササイズ④

おすすめエクササイズ⑤

目次

パワートレーニング

テニスサーブの質をあげる為に

「高い打点」
「強いインパクト」

が重要であり、それを実現するために

・肩の可動域
・地面を踏んで蹴る瞬発力

をトレーニングで養う事を目標にエクササイズをご紹介してきました。


最終回では
可動域・モスタビリティ・ストレングスにスピードを加えた「パワートレーニング」についてのご紹介です。


パワー=力×スピード
で表さられます。

要するに
「いかに力強く、いかにスピーディに動かすことができるか」
という事です


これまでのエクササイズで養った
「可動域を使い」
「姿勢をコントロール」
「効率的な動き」
「力にスピードを加えてよりパワフルに力を伝える」

事でパフォーマンスアップへと導きます

メディシンボール/ボールスラム



【目的】
オーバーヘッドとヒップヒンジを連動させた爆発的動作

【方法】
1、メディシンボールを持ち、足首・膝・股関節を伸ばし(トリプルエクステンション)腕を耳の横まで上げオーバーヘッドの姿勢をとり肘を曲げます

2、力をためた姿勢から、一気にお尻をひき(ヒップヒンジ)上半身を前傾させると同時に腕を振り一気にボールをたたきつけます

【注意点】
・腕をあげる(オーバーヘッド)の姿勢の時に腹圧をあげて腰が反らないように注意します
・お尻をひく(ヒップヒンジ)の時に腰が丸まらないように姿勢をキープします

ジャンプオン




【目的】
爆発的なトリプルエクステンション(足首・膝・股関節の伸展)

【方法】
1、頭からお尻まで一直線の姿勢を保ち、トリプルフレクション(足首・膝・股関節の屈曲)で力を吸収します

2、姿勢をキープしたまま、下半身にためた力をトリプルエクステンション(足首・膝・股関節の伸展)で一気に力を解放します

3、BOXに飛び乗りトリプルフレクションで衝撃を吸収します

【注意点】
・動作の中で背中が丸まらないように注意してニュートラルポジョンを保ちます
・トリプルフレクションとエクステンションをコントロールします

まとめ

機能的なエクササイズは
パフォーマンスをあげるトレーニングになり
評価をするツールにもなり
問題を解決する良薬にもなります

メディシンボール/ボールスラム  10×3

ジャンプオン  10×3


エクササイズはカラダと向き合いスポーツの橋渡しの役目となります
是非、チャレンジしてみてください!

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > サーブテニスの質をあげるおすすめエクササイズ⑥